静岡SCD・MSA友の会(脊髄小脳変性症・多系統萎縮症)

事務局

代表者名

高橋 久枝

所在地

〒420-0854 静岡市葵区城内町6-12

TEL/FAX

054-253-1698

メールアドレス

なし

ホームページ

なし

会員数

55名

年会費

入会金:1,000円 年会費:1,000円

個別行事情報

【件 名】【内 容】
平成29年11月12日(日)
脊髄小脳変性症・
多系統委縮症
*講演会*
※終了しました
会場:三島市民生涯学習センター
   3階・講堂
受付:12:50~
時間:午後13時15分~15時00分
内容:
【SCD/MSAの
      病気と上手に付き合うために】
講師:
独立行政法人国立病院機構静岡医療センター
    溝口 功一 先生 (神経内科)
*関心のある方はどなたでも無料で参加頂けます
【問合せ先】 
静岡県東部保健所・地域医療課
担当 竹内 055-920-2194
静岡SCD・MSA友の会
会長 高橋 久枝 054-253-1688
東部役員 大石喜一 0557-68-2531
平成29年7月9日(日)
家族交流会のお誘い
※終了しました
会場:静岡県総合福祉会館(シズウエル)
   5階 生活訓練室
受付:13時15分~
時間:13時30分~15時
内容:日頃、介護する中での思いや情報交換・
   話し合い
 *お誘い合わせの上直接会場にお越しください    
   

疾病の特徴

病気の原因はまだ不明です。家族の中で発病が見られる遺伝的な背景を持つ場合と、そうでない場合(孤発性)で多系統障害型は多系統萎縮症となります。遺伝性の場合には、いくつかの遺伝子異常が明らかになってきており、今後その病態の解明や疾患の分類がされていくと考えられます。
多くの場合はろれつが回らない、歩きにくい、歩行時のふらつきといった症状で発症します。主な症状として、眼が揺れる(眼振)、話しにくい(構音障害)、ものが飲み込みにくい(嚥下障害)、指先の細かい作業がしにくい、手足がうまく使えない(協調運動障害)等の症状があります。小脳の障害でこの疾患の最も特徴的な症状です。病型によっては、立ちくらみや、ひどい便秘といった自律神経症状や、手足の力が入らない、手足の感覚が低下するといった症状、あるいはパーキンソン病とよく似た症状を合併することがあります。症状の進行には個人差があります。

主な活動状況

  • 医療講演会(東部-三島、中部-静岡)
  • 交流会、親睦会の開催(三島、静岡、焼津、島田地区)
  • 会報の配布(年3回)
  • 新会員の推進

 

▲このページのTOPへ