公益社団法人 日本リウマチ友の会静岡支部

事務局

代表者名

住家 ケサノ

所在地

〒420-0856 静岡市葵区駿府町 1-70
静岡県総合社会福祉会館 3階

【連絡先】
〒412-0026 御殿場市東田中 1612-1-306 住家方
電話(FAX) 0550-83-7990

TEL/FAX

0550-83-7990

メールアドレス

なし

ホームページ

なし

会員数

440名

年会費

普通会員:4,000円(入会金:500円)

個別行事情報

【件 名】【内 容】
リウマチの会 一般公開により、難病リウマチを広く世間への周知を図る。
【リウマチ講演と
療養相談会】
日時:平成30年11月18日 日曜日
   13:00~16:00
受付:12:30~
会場:静岡県総合社会福祉会館
   シズウエル 6階 601会議室
【講演会】
演題 :『関節リウマチの治療戦略』
講師 :真砂 玲治 先生 静岡曲金クリニック 理事長
【相談会】
相談の先生方:
真砂 玲治 先生 静岡曲金クリニック 理事長
坪井 声示 先生 JA静岡厚生連 静岡厚生病院 副院長
展示:自動具・書籍/履き良い靴の紹介と相談
リウマチ友の会入会案内
※入場無料になります
たくさんの方々のご参加を
お待ちしております。
《お問い合わせ先》
 河合 容子 (静岡市)054-246-9115
 田嶋 栄美 (静岡市)054-289-0103
 曽根三枝子 (藤枝市)054-635-9221
療養医療相談会 主治医以外の意見を聞く事が出来る良い機会になる。
交流会 患者同士の親睦を図る。
研修旅行 会場までバス移送することにより、外出困難者でも安易に参加できる。又、観光は出来るだけ四肢に負担が少なく歩行訓練に適した場所を計画、参加することにより、社会参加の喜びを実感すると共にQOLの向上を図ることができる。

疾病の特徴

女性8割、男性2割の割合で圧倒的に女性の罹患率(りかんりつ)が高く、患者の大半が長年その痛みと機能低下に苦しめられ、自力での外出もできない状態に陥る人も少なからず居るのが実態である。 未だ発症原因も判明されず治療法もなく、20代から50代の働き盛りに発病し加齢とともに重度化、痛みと肢体の変形により人前に出るのが苦痛に感じられる。又、合併症を併発し身体のいたるところに様々な病気を発症する場合もある。近年新薬の開発により寛解に近い状態までに医療の進歩を遂げているが、完治には至っておらず一日も早い原因の解明と治療法の確立が望まれる。

主な活動状況

  • 年1回開催される総会に諮り(はかり)要望書を県に提出。
  • 年4回会員向けの機関紙を発行し行事のお知らせ・報告を行う。
  • 年2回本部の会合に出席、地方の要望を提言、意見交換により会の発展に尽力している。
  • 本部が主となり5年に一度、患者の実態調査を実施、関係機関(医療・行政等)に反映され、医療の進歩ならびに患者のQOLの向上に成果を上げている。
  • 電話相談事業。

その他 NPO法人静岡県難病団体連絡協議会に加盟、関連事業に参加協力を行う。

 

▲このページのTOPへ